Entries

スポンサーサイト

[PR] 台湾・台北の通訳

HSK-2006年度秋季試験-

いろいろなブログを拝見しているとHSK(汉语水平考试)2006年秋季試験の準備をしている方々が多くいらっしゃるようで、私も受けようか悩んでいる。といっても悩んでいる時間はない。というのも、申し込み期限が9月29日(金)必着だから。試験自体は10月22日(日)で、それでもあと1ヶ月で今から集中して勉強してトライしてみようか、それとも『中国語活用語2200―HSK「漢語水平考試」大綱準拠』などのテキストを十分...

[PR] 台湾・台北の通訳

中国語検定を受けて(ディクテイションの重要性)

中国語検定準1級を受けてきた。感想としては、明らかな力不足を痛感。そして一番露骨にそれが表れたのが、最初のリスニングの「听写」。実は「听写」が大嫌いで、苦手なのは気づいていながら見て見ぬフリを続けていた。でもそれだけでは限界があるのだと思った。「多听多说」はよく言われることだが、プラスαとしてディクテイションは必須項目でもう逃げられないと痛いほど痛いほどに味わった。今日の試験の後でも「どう書く...

[PR] 台湾・台北の通訳

〒中国語検定受験票が郵便受けに

何日に届いたかわからないけれど、ここ1週間以内に届いたと思われる中国語検定受験票が郵便受けに。。。何度準1級のこの受験票を手にしたことかと思うと、これで最後にしたい気持ちでいっぱいになる。準1級、3級、準4級の試験は午前中に行われるので、朝の弱い私には非常につらい。試験開始が午前と午後の違いだけで、テストの出来具合に影響するのではとひそかに思っているが「そんなの勉強していない言い訳!」と、つっこまれる...

[PR] 台湾・台北の通訳

中国語検定に向けて

中国語学習をするとき、いくつかのアプローチがあると思う。例えば…・教材のCDなどを使い音で耳からinput・テキストなどを使い文字で目からinput私は完全に前者の音で学習するタイプ。学生時代、留学時代は先生の言っている中国単語でわからないものがあれば、ピンインでノートの隅にメモをして「ひょっとしたらこういうこと?」というように推測で意味をつけておく。もちろん、その後辞書を引くのだけれどその際、漢字は頭にinp...

[PR] 台湾・台北の通訳

Appendix

プロフィール

xiahai

Author:xiahai
大学で4年間勉強していた時は、中国語でコミュニケーションがとれればそれで良しと思っていましたが、もっとストレスを感じずに使えたら楽なのにと思い、今更ながら勉強再開。ゆっくり確実を目標に。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。