Entries

スポンサーサイト

[PR] 台湾・台北の通訳

通訳としての中国語

ようやく快適なネットライフを取り戻した。その間に私は初めて仕事で中国語を使った。(しかも通訳として!)当初全く別の仕事目的で登録していた派遣会社から今回の仕事を紹介された。とある会社での台湾人との商談の通訳。中国語学習者の私にとって、経験としては興味のある内容だったけれど、仕事として「通訳」という役割がどのようなものかを考えるととても二つ返事で引き受けられるような話ではないと思った。詳しく話を聞くと...

[PR] 台湾・台北の通訳

マナーとしての共通言語

今通っている中国語スクールの、今のクラスを気に入っている理由。まず、中国茶を飲みながらの授業(まれにお菓子も・・・)。そして、生徒(日本人)だけで話すときは日本語だとしてもその場に老师(中国人)が姿を見せると同時に会話が中国語に切り替わること。たとえ、その会話が先生と関係ないようなことだとしても。先生は日本生活も長く、もちろん日本語もわかるけれども、会話が盛り上がっている時のあのハイスピードな日...

[PR] 台湾・台北の通訳

訳と意味の優先度

お風呂上りに何気なくテレビをつけたら藤井隆の「上海大腕」が放送されていた。毎週、テレビをつけるとやっているという感じだったのだけれど調べてみたらTXテレビ東京で毎週土曜日深夜 2:10~の放送とのこと。番組の印象としては特に中国語学習者を対象としているわけではなく中国に興味のない人でも楽しめるようにと工夫されている気がする。お休み前に一杯やりながらテレビを見ていて気になった事があった。今回の放送は、藤井...

[PR] 台湾・台北の通訳

シャドウイングの効果

以前にディクテーションが苦手と書いたけれど、逆に音読はとても好き。本を読んでいても気がつくと音読になってしまっているし(電車などでもボソボソと小声で・・・)中国語の映画やドラマを見ていても、フレーズが聞き取れるとつい声にだしてしまう。そういえば最近、外国語学習でシャドウイングを利用した学習法をよく耳にする。シャドウイングは流れてくる音声のすぐ後に続いて音読していくものでもともとは通訳者のトレーニングだ...

[PR] 台湾・台北の通訳

迷える中級者

時々、というか常々、自分の中国語のレベルがわからなくなる。自分では中級のレベルだとは思っているのだけど、その中級という層自体がとても厚いように感じる。中国語を勉強し始めたばかりの人は初級、通訳・翻訳をする為に専門的な用語まで知っている人は上級、中級レベルはそれ以外の人。そんな気がしてしまう。その幅広い中級層の自分はどのあたりにるか、それが分からない。初級から中級へ一歩踏み出した段階なのか、それとも...

[PR] 台湾・台北の通訳

Appendix

プロフィール

xiahai

Author:xiahai
大学で4年間勉強していた時は、中国語でコミュニケーションがとれればそれで良しと思っていましたが、もっとストレスを感じずに使えたら楽なのにと思い、今更ながら勉強再開。ゆっくり確実を目標に。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。