FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾・台北の通訳

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rechallengechinese.blog67.fc2.com/tb.php/72-1c1940bc

-件のトラックバック

-件のコメント

[C209]

xiahaiさん
通訳とはすごいですよ。
表現方法とかまともに通訳をした場合、後で困る時があります。と言っても私はとても通訳は出来ず、いつも逆に通訳を使っている立場ですが、
通訳のよし悪しで仕事の出来が決まりますから重要です。

[C210] 通訳

ネット復活おめでとうございます.

通訳さんと言うのは,言語のトランスレータでそれ以上を期待するのは酷だと思います.
例えば私が「この工程は,工程能力が不安定なのでエックスバーアール管理図で管理しましょう」といってちゃんと通訳できる通訳さんはそんなにいないと思います.
だから「ソコのところ」を伝えて,と言われても「ソコのところ」の共通認識が無ければ訳しようがありません.
全て通訳を使う側の能力だと思います.

その逆もまた然りで,私のような中途半端な中国語能力でも専門分野だけはちゃんと意思疎通ができます.日本のお客さんの品質要求を工場に伝えられるのは,単語を知っているだけではなく「品質」と言う共通言語を理解できているからです.

私の通訳さんに対する考え方は別のブログにも書いています.ご参考まで
http://quality-mind.cocolog-nifty.com/qualitymind/2006/07/post_85f8.html
http://qualitymind.livedoor.biz/archives/50129697.html

[C211] 通訳をするということ

China258さんのおっしゃっているとおりですね。
その点は、中国語だけの話ではないです。ですから”工業英語”などという枠組みもできるわけです。
私も仕事に必要な専門用語は地道に集めています。だからこそ通じるという部分もありますし、逆に中→日もできるわけです。

だからといって、通訳になりたい!って言うのをやめてしまわなくてもいいと思います。どんな分野で活躍したいのか?それがイメージできたら、道は開かれるはずです。
  • 2006-09-05
  • YUMING
  • URL
  • 編集

[C212] 通訳という仕事

自分のコメント読み返してみて,ちょっと心配になったので追記します.

私が言いたかったのは,通訳の仕事は言葉のプロフェッショナルとして仕事をすれば十分だ,ということです.

内容は通訳を使う側の責任です.「その辺ところを伝えて」などという言い方では,相手にちゃんと伝わりません.

xiahaiさんは通訳として活躍する為の力量を備えている人だと思います.力量というの技能だけではなく,前日に業界用語を予習しておくような「意識」を含んでいます.

[C213]

こんにちは。
私は以前企業の中で、翻訳や通訳っていう仕事もたまにしてました。専門単語も覚えないといけないし、中国語にも人それぞれの癖があるし、大変ですよね。
今も中国語の先生になりたいって思いますが、日本人の私が中国語教えるのってすごくナンセンスかなって悩みます。
でも日本人には日本人らしい仕事の仕方ってあると思います。(そう思いたい、、)
私の上司達は、やっぱり現地の通訳よりも日本人通訳を使いたがってました。気持ちが通じるというか細かな表現ができるからって言ってました。通訳って仕事はただ機械の様に翻訳するだけでなく、お互いの文化の差や言葉の違いを少しでも埋め、橋を架けるような職業なのではないでしょうか?特に企業においての通訳ってこれが大切な気がします。
なので、ぜひ目指してるならがんばってくださいね、皆一緒じゃなくていいと思います。XiaHaiさんらしい通訳を目指せば、それを必要としてくれる場所と人がいるのではないでしょうか?
なんか熱く、長く語ってしまってごめんなさい。

[C214]

ごーさん、
通訳といえるほどのものではなかったと思います。
仕事を終えたあとで「今ならもっと上手にできるのに・・・」と
考えてしまいます。
私の関わった仕事が良い方向へ進めばいいのですが・・・

[C215]

China258さん、
もう、ネットがないと困りますね。メールのチェックもできないですから。
結局は私の暮らすマンション全体の問題だったようですが
私以外にトラブルの苦情電話をした人はいなかったようです・・・

やはり仕事となると緊張しました。
今回、事前準備をしていたのは、幸運にも先日
米原万里さんの『不実な美女か 貞淑な醜女(ブス)か』を読んだからです。
この本の中にも通訳を雇う側の無謀な依頼がいくつか載っていました(笑)

[C216]

YUMINGさん、
専門用語って本当、関連の仕事をしていないと
日常生活では絶対使わないような言葉ですよね。
YUMINGさんはじめ、皆さん努力されているのですね。
でもその専門的な用語ひとつで話がすんなり進んだ時は気分もすっきりしました☆

今私は「通訳」という職業だけでなく、中国語を使って一体何がしたいのかという段階なのです。
考えどころですね~

[C217]

熊猫さん、
>中国語にも人それぞれの癖があるし・・・
本当ですよね!
私の周りは北京や東北出身の中国人が多く、それに慣れているせいか
通訳の際も、台湾の方に聞き返す場面が何度かありました。

中国語の先生になるって素敵な目標ですね。
私の大学時代の恩師は「語学は必ずしもネイティブにならうのが良いというわけではない」と
いつも言っていました。
発音などはネイティブの先生の方がきれいかもしれないけれど
母国語を文法的にきちんと理解している先生は少ないからです。
決してナンセンスなんかじゃないです!
目標が何かということも大切かもしれませんが
目標を見つけたときにどうするかが大事だと思います。

私は今後本格的な通訳を目標にするかはわかりませんが
せっかくはじめた事ですので自分の生活の中に活かしていけたらいいと思っています。

なんだか私も熱くなってしまいましたね。

[C218] 熊猫

はい。Xiahaiさんの言葉に励まされましたよ!
お互い自分らしい形で中国語を仕事にできたらいいですね。一起加油ba!

[C219]

お久しぶり!「このあたり」に対し「どのあたり」のところとても面白かった。
そこで友達の「なんとも言えないですね」に対し「いえなかったら訳せないね」というエピソードが思い出しました。
私も怒った中国人から突然吐き出した「屁!」の訳に困ったことがあります。
人生はいろいろ、通訳もいろいろですね。
  • 2006-09-11
  • つぼみ
  • URL
  • 編集

[C220]

熊猫さん、
そうですね。お互いに頑張りましょうね。

[C221]

つぼみさん、
「なんとも言えない・・・なら訳せない」っておもしろいエピソードですね。
中国語と日本語の両方に同じような言葉があればいいですが
瞬時にはそれを思いつかなくて、通訳の仕事が終わってから
「あ~、こういえばよかった・・・」って思いました。
本当、いろいろですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

通訳としての中国語

ようやく快適なネットライフを取り戻した。

その間に私は初めて仕事で中国語を使った。
(しかも通訳として!)

当初全く別の仕事目的で登録していた派遣会社から今回の仕事を紹介された。
とある会社での台湾人との商談の通訳。

中国語学習者の私にとって、経験としては興味のある内容だったけれど、
仕事として「通訳」という役割がどのようなものかを考えると
とても二つ返事で引き受けられるような話ではないと思った。

詳しく話を聞くと、先方からは「日常会話程度でかまわない」とのこと。
で、結局この仕事を引き受けてしまった。当日までは1週間もなかったので
『中国語通訳トレーニング講座』などで練習する時間もない。
とにかく、業界用語や商談で登場しそうな単語を集めて準備をした。

実際は商談というほどではなく、挨拶に来てお互いの会社紹介という程度で、
英語でのやり取りでとくに問題はないようだった。
私を雇ったのはどうやら「通訳を用意した」という姿勢を相手に示す為のようだった。

それでも一応、仕事なのでという感じで通訳をした。
困ったのが、日本側同士で少し話していて、その後に
「その辺のところ、うまくまとめて伝えといて」というやつ。
「その辺のところって一体どの辺だい?」と思う。


普段どんなに友達と会話を楽しめたり、お買い物でうまく値切ぎれたとしても、
仕事で使う言葉は、そういった「日常会話」とは全く別の場所に存在すると思った。
ましてや「通訳」としてその場に参加するのであれば、その役割は
100%「言語」の為で、本来(日本語間でのやり取り)なら必要のない存在だ。
どちらの言語も使いこなせてこそ、なれる職業だと痛感した。

もともと通訳になりたくて勉強しているわけではないけれど、
なんだかもう、簡単に「通訳になりたい」とは口に出来ない気がした。

だったら自分は何のために中国語を勉強しているのだろうと考えてしまった。
スポンサーサイト

[PR] 台湾・台北の通訳

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rechallengechinese.blog67.fc2.com/tb.php/72-1c1940bc

0件のトラックバック

13件のコメント

[C209]

xiahaiさん
通訳とはすごいですよ。
表現方法とかまともに通訳をした場合、後で困る時があります。と言っても私はとても通訳は出来ず、いつも逆に通訳を使っている立場ですが、
通訳のよし悪しで仕事の出来が決まりますから重要です。

[C210] 通訳

ネット復活おめでとうございます.

通訳さんと言うのは,言語のトランスレータでそれ以上を期待するのは酷だと思います.
例えば私が「この工程は,工程能力が不安定なのでエックスバーアール管理図で管理しましょう」といってちゃんと通訳できる通訳さんはそんなにいないと思います.
だから「ソコのところ」を伝えて,と言われても「ソコのところ」の共通認識が無ければ訳しようがありません.
全て通訳を使う側の能力だと思います.

その逆もまた然りで,私のような中途半端な中国語能力でも専門分野だけはちゃんと意思疎通ができます.日本のお客さんの品質要求を工場に伝えられるのは,単語を知っているだけではなく「品質」と言う共通言語を理解できているからです.

私の通訳さんに対する考え方は別のブログにも書いています.ご参考まで
http://quality-mind.cocolog-nifty.com/qualitymind/2006/07/post_85f8.html
http://qualitymind.livedoor.biz/archives/50129697.html

[C211] 通訳をするということ

China258さんのおっしゃっているとおりですね。
その点は、中国語だけの話ではないです。ですから”工業英語”などという枠組みもできるわけです。
私も仕事に必要な専門用語は地道に集めています。だからこそ通じるという部分もありますし、逆に中→日もできるわけです。

だからといって、通訳になりたい!って言うのをやめてしまわなくてもいいと思います。どんな分野で活躍したいのか?それがイメージできたら、道は開かれるはずです。
  • 2006-09-05
  • YUMING
  • URL
  • 編集

[C212] 通訳という仕事

自分のコメント読み返してみて,ちょっと心配になったので追記します.

私が言いたかったのは,通訳の仕事は言葉のプロフェッショナルとして仕事をすれば十分だ,ということです.

内容は通訳を使う側の責任です.「その辺ところを伝えて」などという言い方では,相手にちゃんと伝わりません.

xiahaiさんは通訳として活躍する為の力量を備えている人だと思います.力量というの技能だけではなく,前日に業界用語を予習しておくような「意識」を含んでいます.

[C213]

こんにちは。
私は以前企業の中で、翻訳や通訳っていう仕事もたまにしてました。専門単語も覚えないといけないし、中国語にも人それぞれの癖があるし、大変ですよね。
今も中国語の先生になりたいって思いますが、日本人の私が中国語教えるのってすごくナンセンスかなって悩みます。
でも日本人には日本人らしい仕事の仕方ってあると思います。(そう思いたい、、)
私の上司達は、やっぱり現地の通訳よりも日本人通訳を使いたがってました。気持ちが通じるというか細かな表現ができるからって言ってました。通訳って仕事はただ機械の様に翻訳するだけでなく、お互いの文化の差や言葉の違いを少しでも埋め、橋を架けるような職業なのではないでしょうか?特に企業においての通訳ってこれが大切な気がします。
なので、ぜひ目指してるならがんばってくださいね、皆一緒じゃなくていいと思います。XiaHaiさんらしい通訳を目指せば、それを必要としてくれる場所と人がいるのではないでしょうか?
なんか熱く、長く語ってしまってごめんなさい。

[C214]

ごーさん、
通訳といえるほどのものではなかったと思います。
仕事を終えたあとで「今ならもっと上手にできるのに・・・」と
考えてしまいます。
私の関わった仕事が良い方向へ進めばいいのですが・・・

[C215]

China258さん、
もう、ネットがないと困りますね。メールのチェックもできないですから。
結局は私の暮らすマンション全体の問題だったようですが
私以外にトラブルの苦情電話をした人はいなかったようです・・・

やはり仕事となると緊張しました。
今回、事前準備をしていたのは、幸運にも先日
米原万里さんの『不実な美女か 貞淑な醜女(ブス)か』を読んだからです。
この本の中にも通訳を雇う側の無謀な依頼がいくつか載っていました(笑)

[C216]

YUMINGさん、
専門用語って本当、関連の仕事をしていないと
日常生活では絶対使わないような言葉ですよね。
YUMINGさんはじめ、皆さん努力されているのですね。
でもその専門的な用語ひとつで話がすんなり進んだ時は気分もすっきりしました☆

今私は「通訳」という職業だけでなく、中国語を使って一体何がしたいのかという段階なのです。
考えどころですね~

[C217]

熊猫さん、
>中国語にも人それぞれの癖があるし・・・
本当ですよね!
私の周りは北京や東北出身の中国人が多く、それに慣れているせいか
通訳の際も、台湾の方に聞き返す場面が何度かありました。

中国語の先生になるって素敵な目標ですね。
私の大学時代の恩師は「語学は必ずしもネイティブにならうのが良いというわけではない」と
いつも言っていました。
発音などはネイティブの先生の方がきれいかもしれないけれど
母国語を文法的にきちんと理解している先生は少ないからです。
決してナンセンスなんかじゃないです!
目標が何かということも大切かもしれませんが
目標を見つけたときにどうするかが大事だと思います。

私は今後本格的な通訳を目標にするかはわかりませんが
せっかくはじめた事ですので自分の生活の中に活かしていけたらいいと思っています。

なんだか私も熱くなってしまいましたね。

[C218] 熊猫

はい。Xiahaiさんの言葉に励まされましたよ!
お互い自分らしい形で中国語を仕事にできたらいいですね。一起加油ba!

[C219]

お久しぶり!「このあたり」に対し「どのあたり」のところとても面白かった。
そこで友達の「なんとも言えないですね」に対し「いえなかったら訳せないね」というエピソードが思い出しました。
私も怒った中国人から突然吐き出した「屁!」の訳に困ったことがあります。
人生はいろいろ、通訳もいろいろですね。
  • 2006-09-11
  • つぼみ
  • URL
  • 編集

[C220]

熊猫さん、
そうですね。お互いに頑張りましょうね。

[C221]

つぼみさん、
「なんとも言えない・・・なら訳せない」っておもしろいエピソードですね。
中国語と日本語の両方に同じような言葉があればいいですが
瞬時にはそれを思いつかなくて、通訳の仕事が終わってから
「あ~、こういえばよかった・・・」って思いました。
本当、いろいろですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

xiahai

Author:xiahai
大学で4年間勉強していた時は、中国語でコミュニケーションがとれればそれで良しと思っていましたが、もっとストレスを感じずに使えたら楽なのにと思い、今更ながら勉強再開。ゆっくり確実を目標に。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。