Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾・台北の通訳

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rechallengechinese.blog67.fc2.com/tb.php/81-d96ec739

-件のトラックバック

-件のコメント

[C441] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

辞書にない音

久しぶりの更新。

北京に留学していたせいなのか、好きだから北京へ留学したのかは
わからないけれど“老北京”の雰囲気が好き。

噂によると胡同はだいぶ取り壊されているようで、
残っていくのは同仁堂药店のような老舗だけらしい。
ちなみに、「老舗」は中国語で「老字号」。

老北京といえば“大栅栏”を授業で取り上げた。
場所の名前としても使われているのか、それとも商店街のような場所のことなのか
いまいちまだ理解が出来ていない・・・
(大栅栏のGoogle画像検索結果はこちら)

「栅栏(zhàlan)」は辞書によると「柵、矢来」の意味だけれど
先生によると「大栅栏」として使う場合は「dàshilan」と発音するそうだ。
(“shi”の声調は不明。先生に聞き逃してしまった)
「『dàzhàlan』では北京では通じない」とも。
私の調べたかぎりでは「栅」という漢字が「shi」という音だとは書かれていない。
「shān」と発音することもあるからそこから変化したのだろうか。

日本にいる限り、本や辞書から情報を得ているので
それに書いていなければ、今回のようにネイティブの話を聞くまで
知ることができない。
他にも辞書には載っていない独特の発音が存在するに違いない。

スポンサーサイト

[PR] 台湾・台北の通訳

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rechallengechinese.blog67.fc2.com/tb.php/81-d96ec739

0件のトラックバック

1件のコメント

[C441] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

xiahai

Author:xiahai
大学で4年間勉強していた時は、中国語でコミュニケーションがとれればそれで良しと思っていましたが、もっとストレスを感じずに使えたら楽なのにと思い、今更ながら勉強再開。ゆっくり確実を目標に。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。